重曹は古くから家庭では便利な常

重曹は古くから家庭では便利な常備材として使われてきました。エコロジーな暮らしを実現する魔法のような粉です。重曹は天然物として掘り出されているほか、合成でも出来ます。正式な名称は、炭酸水素ナトリウムといい、弱アルカリ性です。1.研磨作用2.中和作用3.軟水作用4.発泡作用5.消臭・吸湿作用の5つの大きな性質があり、様々な用途に利用できます。重曹の弱アルカリ成分は洗剤として効果を発揮し、柔軟剤やナチュラルな漂白剤としての効果もあり、がんこな汚れの染み抜きもできます。さらに殺菌効果もあり、細かな粒子という特性を生かして、クレンザーとして陶器、金もをきれいになります。換気扇の掃除に、パイプクリーナーやお風呂掃除にも威力を発揮。また、脱臭効果もあるので冷蔵庫や食器棚、靴箱やタンスの臭い取りにも使えます。働き者です。重曹ダイエット水はダイエットに利用できます。また重曹の弱アルカリ性は、すてきな美容効果があり、お肌を優しくピカピカにします。さらに温泉成分である重曹を入浴剤として使用すると、血行を促進し、疲労回復、神経痛、肩や腰の痛みや凝り、冷え性、皮膚の活性化などに効果があります。また胃薬としての制酸効果や食品加工にも使われてきました。酸性の土壌を嫌う植物のガーデニングにも利用できます。このように重曹は様々な用途に応用可能で、しかも人体や環境に負担をかけにくい優秀な家庭用アルカリ剤ですが、万能ではないのです。間違った使い方をすれば無駄になり、毒にもなります。合成洗剤などの使用量を減らし、有機物による環境への負荷を少なくするためには、まず性質をよく理解して上手に使い分けることが大事です。その知恵が備わって初めて、重曹は家事の名アシスタントになってくれるのです。


RSS関連リンク
掃除♪洗濯♪
て会社に行くんだけど、今日は時間がなくてざっとしかできなかったから、夜に帰ってからしっかり掃除しました(o^o^o)お風呂は重曹でみがいたよ^O^)/いま、洗濯中!新しい洗剤見つけたの☆フルーツがいっぱい載ってて、どうやらフルーティー

排水溝のぬめり取り 台所と三角コーナー
、アルミホイルは使用済みのものでOKです♪ 排水溝 のヌメリ取りとして、すでに汚れが付着しているときは「重曹」がよく効きます。排水溝や三角コーナーなどの汚れてる部分に重曹をまいて、熱めのお湯をかけるだけでキレイになります。また、使用した「ティーバッグ」

毎日が年末。
) 重曹に関する本は沢山出ていると思いますが、個人的にはこれがお勧めです。やっぱり本がないとモチベーションが上がらないタチなのかも。--------------------------------------------------------- 重曹活用

重曹には天然物と合成物が有り、

重曹には天然物と合成物が有り、正式な名称は、炭酸水素ナトリウムです。弱アルカリ性で、1.研磨作用2.中和作用3.軟水作用4.発泡作用5.消臭・吸湿作用の5つの性質があります。重曹は古くから家庭では便利な常備材として使われてきました。今再び見直してみませんか?エコロジーな暮らしをお手伝いする魔法のような粉ですよ。重曹の弱アルカリ成分は洗剤として効果を発揮し、柔軟剤やナチュラルな漂白剤としての効果もあり、がんこな汚れの染み抜きもできます。さらに殺菌効果もあり、細かな粒子という特性を生かして、クレンザーとして陶器、金もをきれいになります。換気扇の掃除に、パイプクリーナーやお風呂掃除にも威力を発揮。また、脱臭効果もあるので冷蔵庫や食器棚、靴箱やタンスの臭い取りにも使えます。働き者です。研磨、殺菌作用でお肌をピカピカにし、デオトラント効果で、においを消して、さっぱりとした洗い心地が得られ、重曹の弱アルカリ性は、お肌にとても優しいのです。これらの特徴を利用して、重曹を美容に活用してみましょう!重曹湯は、血管を拡張し、血行を促進する働きがあるので、疲労回復、神経痛、肩や腰の痛みや凝り、冷え性、皮膚の活性化などに効果があります。人にも環境にも影響を与えない重曹は、いろいろな用途に応用できるすぐれたアルカリ剤です。しかし万能ではありません。間違った使い方をすれば毒にもなり、無駄になります。環境汚染物質の使用量を減らし、合成有機物による環境への負荷を少なくするためには、その性質をよく理解して上手に使い分けることが大切です。このように優秀な重曹を上手に利用したいものですね。


RSS関連リンク
あぁ、家事って・・。
布団って気持ち良いなぁ?。朝はさっくり鮭と味噌汁、玄米ご飯と日本食。あっさり完食!それからまたもや、重曹でお掃除。癖になる・・。ぴかぴかになると嬉しい 重曹とお酢を加えると、すごい泡泡になります。それを排水溝に流すとぬめりも

めんどくさいけど作りましたf(^
、少しやわらかくなった鬼皮(栗の一番外にある、殻の部分)を一つ一つ渋皮を傷つけないように剥き、その後はあく抜きのために重曹入りの熱湯で数回、茹でては一つ一つ渋皮のゴミを流水で取り除き、また茹でて・・・の繰り返し。それが終わったら今度は何も

板と床の隙間に
…濡らして絞った雑巾で拭いてみるが全然落ちない。床用洗剤でもだめ。そうだ、あれがあった。取り出したるは重曹で、適当に撒いて雑巾でこすったらとれた。糊のようなものが固まってとれてくるのだけど、ある程度の力が必要で
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。