重曹は古くから家庭では便利な常

重曹は古くから家庭では便利な常備材として使われてきました。エコロジーな暮らしを実現する魔法のような粉です。重曹は天然物として掘り出されているほか、合成でも出来ます。正式な名称は、炭酸水素ナトリウムといい、弱アルカリ性です。1.研磨作用2.中和作用3.軟水作用4.発泡作用5.消臭・吸湿作用の5つの大きな性質があり、様々な用途に利用できます。細かな粒子で殺菌効果もあるので、クレンザーとして陶器、金属(ステンレスや鉄の鍋、シンク)の清掃に利用でき、がんこな換気扇、パイプクリーナーやお風呂の掃除も威力を発揮します。弱アルカリ性の特性を生かしての洗剤、柔軟剤や漂白剤として利用でき、がんこな汚れの染み抜きもできます。さらに、脱臭効果があるので、冷蔵庫や食器棚、靴箱やタンスの臭い取りにも使える本当に便利な常備品です。重曹は、お肌のケアにもいいんです。なぜなら弱アルカリ性が作用してピカピカにしますので、すてきな美容効果があり、ダイエット法にも利用できます。さらに重曹を入浴剤として効果があり、血管を拡張し、血行を促進する働きがあるので、疲労回復、神経痛、肩や腰の痛みや凝り、冷え性、皮膚の活性化などに効果があります。また胃薬としての制酸効果や食品加工にも使われてきました。酸性の土壌を嫌う植物のガーデニングにも利用できます。人にも環境にも影響を与えない重曹は、いろいろな用途に応用できるすぐれたアルカリ剤です。しかし万能ではありません。間違った使い方をすれば毒にもなり、無駄になります。環境汚染物質の使用量を減らし、合成有機物による環境への負荷を少なくするためには、その性質をよく理解して上手に使い分けることが大切です。このように優秀な重曹を上手に利用したいものですね。


RSS関連リンク
重曹のチカラ。
さて、今日はお掃除大作戦第一弾!(ネーミングセンスなさすぎですね )ということで、 前々から気になっていたシンクまわりをキレイにしました。 家から持ってきた重曹が思った以上の効果を発揮し、水垢もくすみも取れてピカピカに☆ 重曹、おススメです ...

葉脈づくり―重曹(炭酸水素ナトリウム)の濃度―
葉脈づくりをやってみたいと思い、調べていたら、 「16%の重曹(炭酸水素ナトリウム)水溶液で20分煮込む。」 とありました。 ★濃度合わせなのですが、 {溶質/(溶媒+溶質)}×100=16% の要領で、 200mlの重曹水溶液を作るとしたら、 重曹32g 水168mlで ...

重曹は地球に優しい、万能アイテム
重曹は地球にやさしい万能アイテムです。 掃除にも洗濯にも重曹を使えば、環境にもやさしく、 お部屋や人にも優しい。 そんなことで、 今ひそかに重曹ブームですね! 重曹の使い方、もう一度勉強しましょ! 重曹で掃除、洗濯。重曹の使い方.
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。