重曹は昔から重宝な万

重曹は昔から重宝な万能材としてどこの家庭でも使われてきました。重曹は天然物として掘り出されているほか、合成でも出来ます。正式な名称は、炭酸水素ナトリウムといい、弱アルカリ性です。1.研磨作用2.中和作用3.軟水作用4.発泡作用5.消臭・吸湿作用の5つの大きな性質があり、様々な用途に利用されます。エコロジーな暮らしを実現する魔法のような粉です。細かな粒子で殺菌効果もあるので、クレンザーとして陶器、金属(ステンレスや鉄の鍋、シンク)の清掃に利用でき、がんこな換気扇、パイプクリーナーやお風呂の掃除も威力を発揮します。弱アルカリ性の特性を生かしての洗剤、柔軟剤や漂白剤として利用でき、がんこな汚れの染み抜きもできます。さらに、脱臭効果があるので、冷蔵庫や食器棚、靴箱やタンスの臭い取りにも使える本当に便利な常備品です。重曹は、お肌のケアにもいいんです。なぜなら弱アルカリ性が作用してピカピカにしますので、すてきな美容効果があり、ダイエット法にも利用できます。さらに重曹を入浴剤として効果があり、血管を拡張し、血行を促進する働きがあるので、疲労回復、神経痛、肩や腰の痛みや凝り、冷え性、皮膚の活性化などに効果があります。また胃薬としての制酸効果や食品加工にも使われてきました。酸性の土壌を嫌う植物のガーデニングにも利用できます。お分かりの通り、多方面に応用できるすぐれたアルカリ剤の重曹は、人体や環境に負担をかけにくい優秀選手です。それでも間違った使い方をすれば毒にもなり、無駄になります。生活にあふれる合成有機物による環境への負荷を少なくし、美しい地球を守るには、それぞれの性質をよく理解して上手に使い分けることが重要です。日頃、便利だけを追い求め見失っていた生活をもう一度見直し、このように優秀な重曹を上手に利用したいものですね。


RSS関連リンク
お洗濯☆
どうでもいい物(?)は洗濯機で洗うけど。やっぱ、手洗いの方が傷まないような気がする。ドライマークのも、ドライ用の洗剤で洗ってるし。中には、ちょっと縮んでしまったのもあるけど。。。スーツやコートは、さすがにクリーニングに出すけど、出来

おすすめ洗剤
この洗剤「キュキュット」のマスカットの香りが今までの 洗剤の中で一番ですね 。お皿を洗っていてもすごく 爽やかな香りが漂ってきて、疲れを感じさせないんです よね 。ただ、このマスカットの香りは期間限定の商品らしくて、 まとめ買いしたいくらいです。

ウォータードーム
、早めに洗浄しましょう。また、洗浄は本体が簡単に分解できますので、やわらかいスポンジと台所洗剤(クレンザーや磨き粉入りは使わないで下さい)を使用し洗浄しましょう。フィルターは洗剤を使わないで下さい ※この本体単体でご利用いただけます。ご購入頂きました、お客様の
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。