重曹は昔から重宝な万

重曹は昔から重宝な万能材としてどこの家庭でも使われてきました。重曹は天然物として掘り出されているほか、合成でも出来ます。正式な名称は、炭酸水素ナトリウムといい、弱アルカリ性です。1.研磨作用2.中和作用3.軟水作用4.発泡作用5.消臭・吸湿作用の5つの大きな性質があり、様々な用途に利用されます。エコロジーな暮らしを実現する魔法のような粉です。脱臭効果があるので、冷蔵庫や食器棚、靴箱やタンスの臭い取りに利用したり、細かな粒子で殺菌効果もある特性を生かし、クレンザーとして陶器、金属の清掃に効果がありますし、換気扇、パイプクリーナーやお風呂の掃除も威力を発揮してくれます。弱アルカリ性の特性を生かしての洗剤、柔軟剤や漂白剤と万能で、がんこな汚れの染み抜きもできます。本当に便利な家庭の常備品です。研磨、殺菌作用でお肌をピカピカにし、デオトラント効果で、においを消して、さっぱりとした洗い心地が得られ、重曹の弱アルカリ性は、お肌にとても優しいのです。これらの特徴を利用して、重曹を美容に活用してみましょう!重曹湯は、血管を拡張し、血行を促進する働きがあるので、疲労回復、神経痛、肩や腰の痛みや凝り、冷え性、皮膚の活性化などに効果があります。様々な用途に応用できるすぐれたアルカリ剤である重曹は、人体や環境に負担をかけにくい優れものです。それでも間違った使い方をすれば毒にもなり、無駄になります。合成有機物による環境への負荷を少なくするためには、その性質をよく理解して上手に使い分けることが大切です。日頃、便利主義に流されて見失っていた生活をもう一度見直し、このように優秀な重曹を上手に利用したいものですね。


RSS関連リンク
エコランチ
の皿にもおかずが。場所は会社の外の下駄箱ですが、別に出前の残りが放置されているのではありません。会社の同僚(女性)のお昼ご飯です。いつもこんな感じなのでパッケージというものを知らないのかもしれません。それかものすごくエコロジー先取り派なの

陽当たり良好
採用されている気がします。まぁ今日やったのは、それとは似て非なるものなのですが。今日のテーマは『スーパーマーケット×エコロジー』。環境対策を何もしていないスーパーが、出来るだけ経営に負担を与えない範囲で、どのようなことが出来るかを考えました。2

エコ
前回の 記事にも 書きましたが 私の行っている会社では ISO14001を 取得しています エコロジーの 教育は ハケンである 私に対しても 例外ではなく 研修室にこもって 30分のビデオと 10分ほどのレクチャーを受けました 「今 地球が大変だ!」 と 問題提起し
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。