重曹は昔から重宝な万

重曹は昔から重宝な万能材としてどこの家庭でも使われてきました。重曹は天然物として掘り出されているほか、合成でも出来ます。正式な名称は、炭酸水素ナトリウムといい、弱アルカリ性です。1.研磨作用2.中和作用3.軟水作用4.発泡作用5.消臭・吸湿作用の5つの大きな性質があり、様々な用途に利用されます。エコロジーな暮らしを実現する魔法のような粉です。弱アルカリ性を利用して、洗剤に代わる粉として効果を発揮します。柔軟剤やナチュラルな漂白剤として効果があり、がんこな汚れの染み抜きもできます。殺菌効果もありますし、細かな粒子なので、クレンザーとして陶器、金属をきれいにします。換気扇の掃除にも効果を発揮します。パイプクリーナーやお風呂掃除にも威力を発揮。また、脱臭効果もあるので冷蔵庫や食器棚、靴箱やタンスの臭い取りにも使えます。研磨、殺菌作用でお肌をピカピカにし、デオトラント効果で、においを消して、さっぱりとした洗い心地が得られ、重曹弱アルカリ性は、お肌にとても優しいのです。これらの特徴を利用して、重曹を美容に活用してみましょう!重曹湯は、血管を拡張し、血行を促進する働きがあるので、疲労回復、神経痛、肩や腰の痛みや凝り、冷え性、皮膚の活性化などに効果があります。様々な用途に応用できるすぐれたアルカリ剤である重曹は、人体や環境に負担をかけにくい優れものです。それでも間違った使い方をすれば毒にもなり、無駄になります。合成有機物による環境への負荷を少なくするためには、その性質をよく理解して上手に使い分けることが大切です。日頃、便利主義に流されて見失っていた生活をもう一度見直し、このように優秀な重曹を上手に利用したいものですね。


RSS関連リンク
白にきび
行って肌の潤いを保ったり、マッサージをして血行を促進したりすることで、十分に改善や予防が可能です。洗顔には弱アルカリ性の純せっけんがオススメです。また、白にきび対策として、規則正しい生活をし、ストレスをためないことも重要ですね。おおすめの皮膚

グッピーを飼育しよう。
かないベアタンクで、 毎日水かえ作業が実施される弱アルカリ性の水槽で、 おとなしいカラシンやコリドラスなどとの混泳における弱酸性のコミュニティタンクで、あるいは二酸化炭素を添加する本格的な水草レイアウト水槽で、 弱酸性と中性とを行き来するような環境でもたくましく成長し、

酒 体内を弱アルカリ性にするといい
体内を弱アルカリ性にするといいと聞きました。体内を弱アルカリ性にするためには、何を摂取すればいいのでしょうか?具体的な食べ物で教えてください。また、とりすぎても体には害がないのかも知りたいです。よろしくお願いします
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。