重曹は昔から重宝な万能材として

重曹は昔から重宝な万能材としてどこの家庭でも使われてきました。重曹は天然物として掘り出されているほか、合成でも出来ます。正式な名称は、炭酸水素ナトリウムといい、弱アルカリ性です。1.研磨作用2.中和作用3.軟水作用4.発泡作用5.消臭・吸湿作用の5つの大きな性質があり、様々な用途に利用されます。エコロジーな暮らしを実現する魔法のような粉です。弱アルカリ性なので、洗剤、柔軟剤やナチュラルな漂白剤として利用でき、がんこな汚れの染み抜きもできます。さらに細かな粒子であり、殺菌効果もあるので、クレンザーとして陶器、金属の清掃に威力を示し、がんこな換気扇、パイプクリーナーやお風呂の掃除にも威力を発揮します。また、脱臭効果を利用して、冷蔵庫や食器棚、靴箱やタンスの臭い取りにも使える万能常備品といえます。重曹ダイエット水はダイエットに利用できます。また重曹の弱アルカリ性は、すてきな美容効果があり、お肌を優しくピカピカにします。さらに温泉成分である重曹を入浴剤として使用すると、血行を促進し、疲労回復、神経痛、肩や腰の痛みや凝り、冷え性、皮膚の活性化などに効果があります。また胃薬としての制酸効果や食品加工にも使われてきました。酸性の土壌を嫌う植物のガーデニングにも利用できます。様々な用途に応用できるすぐれたアルカリ剤である重曹は、人体や環境に負担をかけにくい優れものです。それでも間違った使い方をすれば毒にもなり、無駄になります。合成有機物による環境への負荷を少なくするためには、その性質をよく理解して上手に使い分けることが大切です。日頃、便利主義に流されて見失っていた生活をもう一度見直し、このように優秀な重曹を上手に利用したいものですね。


RSS関連リンク
重曹&ビネガーの使い方がわかりません。
ネットでたくさん検索してやり方をみて掃除をメインにしているのですが、重曹やビネガーは掃除の後に白いものが水垢のように残ってしまうし、掃除の後に手のひらの皮がポロポロとなり手荒れはひどいし(市販の洗剤には荒れません)結局掃除には市販の洗剤 ...

重曹で消臭掃除
重曹掃除に関する記事です。 エコ掃除でも使用され、最近は重曹掃除ブームです。 重曹は、安くどこでも売っているので、手軽に手に入るのも人気の1つだと思います。 住まいのどんな場所の掃除にも活躍する重曹ですが、掃除のみでなく消臭効果もあります。 ...

重曹洗顔の情報
スキンケアに使うのはどちらでもいいようだが、うちにあった使いかけの重曹は「薬用」だ。「食用」よりグレードは低そうだが、生まれついての“鈍感肌”な私だから、きっと大丈夫さ。 まずは重曹スクラブ洗顔にトライ。「さあ、やるぞ!」とさらに読んで… ...
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。