重曹とは?正式な名称は、炭酸水

重曹とは?正式な名称は、炭酸水素ナトリウムといい、天然物と合成物が有ります。弱アルカリ性で、大きく分けると、1.研磨作用2.中和作用3.軟水作用4.発泡作用5.消臭・吸湿作用の5つの性質があり、重曹は人体にやさしく、いろんな使い方が出来るので、古くから家庭では便利な常備材として使われてきました。エコロジーな暮らしをお手伝いする魔法のような粉です。見直してみませんか?細かな粒子で殺菌効果もあるので、クレンザーとして陶器、金属(ステンレスや鉄の鍋、シンク)の清掃に利用でき、がんこな換気扇、パイプクリーナーやお風呂の掃除も威力を発揮します。弱アルカリ性の特性を生かしての洗剤、柔軟剤や漂白剤として利用でき、がんこな汚れの染み抜きもできます。さらに、脱臭効果があるので、冷蔵庫や食器棚、靴箱やタンスの臭い取りにも使える本当に便利な常備品です。重曹の弱アルカリ性は、お肌にとても優しいのです。これらの特徴を利用して、重曹を美容に活用してみましょう!デオトラント効果で、においを消して、さっぱりとした洗い心地が得られ、研磨、殺菌作用でお肌をピカピカにします。さらに重曹湯は、血管を拡張し、血行を促進する働きがあるので、疲労回復、神経痛、肩や腰の痛みや凝り、冷え性、皮膚の活性化など様々な効果があります。人体や環境に負担をかけにくい重曹は、様々な用途に応用可能な優秀な家庭用アルカリ剤ですが、決して万能ではありません。間違った使い方をすれば無駄になり、毒にもなります。合成洗剤などの環境汚染物質の使用量を減らし、有機物による環境への負荷を少なくするためには、性質をよく理解して上手に使い分けることが大切です。その知恵が備わって初めて、重曹は家事の優秀な助手になってくれるのです。


RSS関連リンク
重曹レモン水ダイエット
重曹レモン水ダイエットとは重曹、レモンの絞り汁、お水を混ぜ合わせたものを食事中に飲むことで重曹とレモンの反応により発生した炭酸が胃を膨張させ食事の量を減少させる、また炭酸の作用で糖分や脂肪分などを食物繊維と結合させ吸収を抑える? ...

余った重曹の利用法
重曹:クエン酸=3:1の材料で手作りで入浴剤を作ってみたものの「重曹は、余らないんじゃないの?」と疑問を持ちつつ、 使い切れなかった場合を想定して、 余った重曹やクエン酸の使い方をみてみましょう。 重曹って? 炭酸水素ナトリウムのことです。 ...

税抜3000円以上で送料無料重曹 1kg
我が家では重曹は朝から晩まで大活躍。洗濯、皿洗い、排水口掃除、IHヒーターの焦げや油落としなど、クエン酸と組み合わたりしながら使っています。脱臭効果にも優れているので、これからの季節は生ゴミをまとめたときに最後に振りかけています。 ...
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。